街の法律家法務事務所NOTE(無料電話相談受付中 TEL:080-3823-4618)

法律無料電話相談受け付けています。皆様からの疑問・質問に答えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
敷金返還・賃借人のトラブル

敷金について(建物明け渡し)

敷金とは、家賃の未払いや退去時の修繕・清掃等が必要な時のために大家さんに預けておくお金をいいます。必要性がない場合には、返してもらえるお金です。

これを覆そうと、返す金額を少なくしようと、過剰に請求をしてきたりする大家さん(管理会社)もいらっしゃるようです。

全部とは言いませんが賃貸借契約書を見ると、条項や特約で、借主負担・借主不利な文言が明記されていたりしますが入居時は、業者側(大家側)が有利な状況ですので少々疑問・違和感があっても仕方なしにサインしてしまうのでは、と思います。

借主は「その家が借りたい!」と思い契約するわけですから、条項について異議を唱えることで契約が出来なくなるのは困るからです。

もっとも、いまの判例・国の考え方から言うとたとえ契約書にサインしても、貸主に合理性のないそれらの条項は(ほぼ)無効です。



退去時の原状回復ということで、見積書が来た時

長期間借りていたけど、新品にして返さなければならないのだろうか?

きれいに使っていたのに、取り換えが必要なのだろうか?

この場所にはどうしてこんなに費用がかかるのだろう?

単価が高い気がするのだけれど

など

様々な疑問、交渉への不安は尽きないと思います。

敷金・原状回復費用について疑問・質問がございましたらお気軽にご相談ください。


スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

頼れる街の法律家法務事務所
  • Author: 頼れる街の法律家法務事務所

Search

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

頼れる街の法律家法務事務所

Author:頼れる街の法律家法務事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。