街の法律家法務事務所NOTE(無料電話相談受付中 TEL:080-3823-4618)

法律無料電話相談受け付けています。皆様からの疑問・質問に答えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
過払い金返還請求の内容証明郵便

過払い金とは、あなたが消費者金融・クレジット会社に払いすぎた利息(過払い利息)のことで、法律上、消費者金融・クレジット会社から取り返すことのできるお金のことをいいます。

キャッシング会社は、返済が遅れるとすぐに督促の電話をするのに、過払い金を簡単に支払おうとはしません。このため、過払い金を取り戻すには法的な手続きを取る必要があります。



利息制限法上適正な利率は年15~20%です。これに対し、多くのサラ金業者やクレジット会社はこれまで年約25~29.2%の利息で貸し付けをしていました。

出資法では年間利息の上限を29.2%としていますから、当然この上限を超えた利息だと貸金業者は罰則を受けることになります。ところが、利息制限法を越えた利率で貸付けをおこなっても業者は罰せられることがないのです。

貸金業者は当然利益を追求するので、出資法すれすれの高い利率で貸付けがおこなわれることが多く、低い利率である利息制限法で引き直し計算をすると過払い金が発生することがあります。

完済している場合はもちろん、借金が残っていても、6~7年以上取引があれば、毎年10%程度余計に払っていた利息を計算し直すと、元金がゼロになっているにもかかわらず返済を続けている場合もあって払いすぎた利息が戻ってくる可能性が高いと言えます。



なぜ、このような過払い金が発生するかというと、消費者金融・クレジット会社が、利息制限法という法律に違反した、高利で貸付を行ってきたからです。この法律によって許容された以上の金利設定は無効となります。

一般的には取引が長くなるほど高額の取戻しが期待でき、数百万円も過払い金が戻ってくることもあります。完済してから10年経過するまでは、過払い金を取り戻すことができます。

近年貸金業者に対する貸出規制が強化されたことと、過払い金の返還請求が激増したことによる貸金業者自体の倒産が増えてきています。貸金業者が倒産した場合には、過払金の取戻しが困難になります。


スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

頼れる街の法律家法務事務所
  • Author: 頼れる街の法律家法務事務所

Search

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

頼れる街の法律家法務事務所

Author:頼れる街の法律家法務事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。