街の法律家法務事務所NOTE(無料電話相談受付中 TEL:080-3823-4618)

法律無料電話相談受け付けています。皆様からの疑問・質問に答えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
A:退職勧奨とは,使用者が労働者に対し,自発的な退職意思の形成を促すためになす説得などの行為のことをいいます。

このような退職勧奨は,自由することができますが,退職勧奨を受ける側もそれに応ずるか否か自由に決定することが出来,退職勧奨に応ずる義務はありません。

もっとも,自由に退職勧奨をできるとしても,労働者が自由な意思決定を妨げられる態様の退職勧奨は許されず,説得の回数,説得のための手段・方法は社会通念上相当であることが求められ,その態様が強制的であったり執拗なものである場合には不法行為を構成し,使用者に損害賠償責任を生じさせることもあります。



裁判例

退職勧奨の方法が違法であり、不法行為を構成すると判断された例としては、傷病により休職していた労働者が復職するに際し、上司5名が、約4ヶ月間に、復職について30数回の「面談」「話し合い」を行い、その中に約8時間にわたるものもあり、面談において「能力がない」、「別の道があるだろう」、「寄生虫」、「他の乗務員のめいわく」等と述べ大声を出したり、机を叩いたりし、また、労働者が断っているにもかかわらず、同人の寮にまで赴き面談して退職勧奨した事案について、その頻度、面談時間の長さ、言動は、社会通念上許される範囲を超えているとして、慰謝料請求を認めた事例(全日本空輸事件・大阪地判平11.10.18・労判772.9、同事件・大阪高判平13.3.14・労判809.61)

管理職が連日、勤務時間内外にわたり執拗に希望退職届を出すよう強く要請し、希望退職期間経過後は、暴力行為や仕事差別などの嫌がらせによって退職を強要したことについて慰謝料請求を認めた事例(エール・フランス事件・東京高判平8.3.27・労判709.69)

2名の高校教諭に対し、うち1名については4ヶ月の間に11回、もう1名については5ヶ月の間に13回にわたり、1回20分から2時間強に及ぶ退職勧奨を行い、その間、退職するまで勧奨を続ける旨を繰り返し述べたり、退職しない限り、所属教員組合の要求に応じないとの態度を示したり、研究物等の提出を求めたりしたことについて不法行為による慰謝料請求を認めた事例(下関高校事件・最判昭55.7.10・労判345.20)

夫婦でデザイナー業務に従事していた労働者に対し、2次にわたる退職勧奨をしたが、2次退職勧奨は、デザイン室の閉鎖を宣言し、デザイン室への発注を停止するものであり、仕事を取り上げてしまった事案について、「勧奨といいながら、デザイン室を閉鎖し、しかも、他への配転を検討することもなく、退職を勧奨することは、退職の強要ともいうべき行為であり、その手段自体が著しく不相当」として不法行為の成立を認めた事例(東光パッケージ[退職勧奨]事件・大阪地判平18.7.27・労判924.59)

などがあります。



.
スポンサーサイト
このページのトップへ
A:滞納の発生を少しでも抑えるには、管理費の使われ方(使途目的)やその重要性と、滞納が発生した時の対応方法を明確にすることで防止するしかありません。





1)徴収方法の統一

 複数の方法は便利である反面、滞納の一因でもあるため、シンプルで把握もしやすい銀行口座の自動振替に統一することが必要です。



2)損害遅延金や違約金の設定

 滞納が発生した際、損害遅延金や違約金などを請求できる旨、管理規約に定めておきましょう。損害遅延金の利率は、定めのない場合、民法の法定利率5%が適用されますが、防止のため高めに設定することも可能です。違約金は、滞納を回収する際の弁護士費用のことです。



3)駐車場契約の解除時効の設定

 お金以外のペナルティも防止には重要です。100%駐車場を確保できていないマンションでは、駐車場は大きな関心事です。そこで、滞納した場合に使用契約を解除できると管理規約に定めておくのです。



4)裁判費用の負担条項の設定

 もし裁判になった場合、弁護士や訴訟に費用が掛かります。これを滞納者に請求できるという旨、管理規約に定めておきましょう。必ずしも請求が認められるとは限りませんが、防止効果はあるでしょう。



滞納の理由はいろいろですが、その理由に合わせて、丁寧に対応していくことが重要です。初期の対応は居住者(組合理事)でなく、第三者である管理業者のフロントマンが事務的に行うのがよいでしょう。

1)電話督促

 滞納している事実関係を確認し、その理由や入金予定を話し合います。



2)通常文書督促

 初期段階では注意喚起を促し、中期段階で遅延損害金額や管理組合で問題となっていることを伝え、後期段階で法的手段を考慮していることを伝える。



3)訪問督促

 複数の理事で自宅を訪問し、できるだけ入金約束(入金日)を文書で取交すようにします。



4)内容証明郵便督促

 それでも期日通りに支払いが行われないときは、内容証明郵便で督促を行います。法的な措置の際の証拠になりますし、相手方への意思表示としての効果も期待できます。



支払いの督促に応じない場合は、訴訟とならざるを得ません。

1)支払督促制度

 これは書面審査のみで滞納者に支払いを命じてもらえる制度です。ただし、異議申し立てがあった場合、通常の訴訟となります。



2)少額訴訟制度

 これは請求金額が少額(60万円以下)で、複雑でない事件(立退きなどが絡まない)の場合、原則として1回の審理で即日判決が出されるという、管理費滞納に向いた制度です。



3)通常の訴訟

 滞納者が任意に弁済してくれない場合は、通常の訴訟となります。滞納区分所有者の財産を競売し、その代金から配当を受けることになります。もし、住宅ローンなどの抵当権が設定され、余剰の配当金がない場合は、競落人(買受人)に対して請求することになります。

. このページのトップへ
A:給料、賃金の未払いは労働基準法違反です。

法律で定められた労働時間を超える残業をした場合、会社側は割増賃金を支払う必要があります。





賃金とは,使用者が労働者に対して労働の対価として支払う金銭のことをいいます。

その賃金のうちで,いわゆる給料や給与など,労働契約・雇用契約・就業規則などで一定の時間働いた場合にそれに対して一定の金額を支払うことが定められているもののことを所定賃金と呼んでいます。

所定賃金にはどういう意味があるかと言うと,生活の基盤となるという意味があります。

それだけにこの所定賃金は,最低限度の賃金として,その他の給付よりも,より支払いが確実になされなければならないものであるという重要性があります。

つまり,もっともその未払い・不払いが厳に禁止されるものであるということです。

未払い給料請求、不払い賃金請求、残業代請求権利を行使せず、放置しておくと、権利そのものが消滅します。



労働基準法では、使用者は、労働者を1日8時間(休憩時間を除く)、1週間40時間以上労働させてはならないとなっていて(労基32条)、これを超えて労働させた場合は使用者は労働者に対して割増賃金を支払わなければならないとなっています(労基37条1項)。

また、使用者は労働者を午後10時から午前5時までの時間帯に労働させた場合も、割増賃金を支払わなければならないとなっています(労基37条4項)。

しかし、この割増賃金、いわゆる残業代が会社から適正に支払われていないケースが非常に多く、近年未払残業代の請求が頻発しているのです。



給料未払い・未払残業代を請求したいとお考えの方は、お急ぎ下さい!

給料未払い・未払残業代請求の時効は2年です。



使用者には労働者の実労働時間を記録し3年間保存する義務がありますが(労基108条、109条、労基施規54条)、保存していない会社も多いため、未払残業代を請求する際には労働者側でタイムカード、IDカード、日報、メモ、パソコンの利用履歴等の「客観的な資料」を収集しておくことが必要です。

「管理職」として残業代が出ていないケースが多々あります。裁判例では「管理監督者」の該当性が厳密に判断されますので、「管理職」の方でも残業代請求が認められる場合が多数あります。

給料未払い・未払残業代でお困りの方は当事務所にご相談ください。



. このページのトップへ
A:著作権侵害行為に対しては、民事手続による救済として、侵害行為等の差止めを求めること、損害賠償を請求すること、不当利得の返還を請求すること、信用回復のための措置等を求めることが可能です。

また、刑事事件として告訴し、刑事罰の適用を求めることもできます。



それぞれの権利侵害に対する裁判所による救済手続

差止請求

著作権侵害行為に対する差止めの態様としては、以下のものがあります(著作権法第112条)。

1.侵害行為をする者に対するその行為の停止の請求

2.侵害の恐れのある行為をする者に対する侵害の予防の請求

3.侵害行為を組成した物、侵害行為によって作成された物またはもっぱら侵害の行為に供された機械や器具の廃棄その他の侵害の停止・予防に必要な措置の請求

このうち、3は、1または2とともにのみ請求することができます。

また、差止め請求の際には、侵害者に侵害についての故意や過失があることは要件ではありません。

なお、既に著作権侵害が現実化しており、これを放置しては著しい損害が生じる可能性がある場合など緊急性があるときには、裁判所に対して、まず侵害行為の停止を内容とする仮処分を申立てることが考えられます。



損害賠償請求

著作権を侵害する模倣品・海賊版を製造・販売・輸入するなどしている者に対して損害賠償請求することができます。

損害賠償を請求するには、多くの事実について立証しなければならないところ、その立証活動は困難な場合も多いので、損害額については法律が算定規定を設けていて(著作権法第114条)、著作権者から侵害者に対する損害賠償請求を容易にしています。

ただし、損害賠償請求の前提として必要な侵害者の故意・過失については、侵害行為について過失があったものとの推定規定はありませんので、権利者の側で証明しなければなりません。



(1)損害賠償額の算定規定その1(著作権法第114条第1項による救済)

著作権侵害により、著作権者が自己の受けた損害の賠償を請求する場合において、著作権侵害者が侵害の行為によって作成された物を譲渡したときは、その譲渡した物の数量に、著作権者がその侵害がなければ販売することができた物の単位数量あたりの利益の額を乗じて得た額を、著作権者の販売等を行う能力に応じた額を超えない限度において、著作権者等が受けた損害の額とすることができます。

ただし、譲渡数量の全部または一部を著作権者等が販売することができない事情があるときは、その事情に相当する数量に応じた額を控除するとされています(著作権法第114条第1項)。



(2)損害賠償額の算定規定その2(著作権法第114条第2項による救済)

著作権者等は、著作権侵害を行った者に対し、その著作権等侵害行為により侵害者が利益を受けている場合は、その利益の額が損害の額と推定されます。これを根拠に損害額を算定し主張することができます。

ただ、この規定は推定規定にすぎないため、権利者が受けた損害の額がもっと少ないことを侵害者が立証することで、推定が覆される可能性があります。



(3)損害賠償額の算定規定その3(著作権法第114条第3項による救済)

著作権者等は、著作権侵害を行った者に対し、ライセンス料相当額を損害額として請求することができます。

この規定は、損害額の最低限を法定した規定と考えられていて、侵害者が実際の損害額がこれより小額であることを主張して損害賠償を減額させることはできません。

したがって、立証の困難性から第3項に基づく請求を行うのが現実的な場合もあります。



不当利得返還請求

著作権が侵害された場合、不当利得返還請求権を行使することができることもあります。



名誉回復等の措置請求

著作者の著作者人格権を侵害した者に対しては、著作者は、名誉・声望を回復するための措置を請求することができます(著作権法第115条)。



刑事責任の追及

著作権を侵害した者は原則として3年以下の懲役または300万円以下の罰金(注:平成17年1月より5年以下の懲役、500万円以下の罰金に引き上げられ、また懲役と罰金を併科することができるようなります。)に処するとされているので刑事責任の追及も視野に入れることができます(著作権法第119条)。

著作権侵害は、原則として、著作者等の告訴がない限り起訴されない「親告罪」とされています。

法人については、その業務に関して侵害行為を行った場合、その実行行為者の処罰に加えて、業務主体たる法人にも罰金刑が科されるとする、いわゆる両罰規定がおかれています(著作権法第124条)。

. このページのトップへ
A;交通事故で示談する場合の注意点

交通事故の被害に遭われた場合、保険会社の担当者と示談交渉をすることになります。

保険会社は会社の基準で示談案を提示しますが、通常、裁判例よりはるかに低い水準での金額しか提示しません。

これに対し行政書士は裁判例に基づいた基準(いわゆる赤本、青本基準)で算定するので、金額が高くなる場合が少なくありません。

交通事故にあわれた場合、保険会社から示談案を提示されても直ぐに応じないで、専門家にその示談金額が妥当なのか相談した上で決めた方がよいでしょう。

示談交渉がまとまらなくとも、交通事故紛争処理センターの示談斡旋、ADRなど簡易迅速に解決する方法があります。





後遺障害の認定                  

交通事故で後遺症が残った場合には後遺障害等級認定が問題になります。

交通事故における後遺障害は障害の程度によって1級から14級に分けられます。

例えばいわゆるむち打ちの場合は12級か14級に認定されることになります。

12級なら労働能力喪失率は14%、後遺障害慰謝料が290万円が基準ですが、14級だとそれが5%、110万円になります。

保険会社任せにして適切な内容の後遺障害診断書を提出しないと本来得られるはずの後遺障害の認定が受けられないこともあります。

特に高次脳機能障害・遷延性意識障害・脊髄損傷・外傷性頚部症候群・脳脊髄液減少症のような後遺症については医学の専門知識が必要になります。

示談後に出た後遺症でお困りの方は一度ご相談ください

. このページのトップへ
A:ネット通販のトラブルは大きく分けて以下の分類になります。

 

1.商品が届かない

詐欺に引っ掛かったのかもしれません。 この問題は個人で解決するのは非常に困難です。

一度当事務所にに相談してみてください。

同じ販売業者の類似トラブルですでに調べがついている可能性もあります。

申込みした画面をプリントアウトしておいたり、連絡先(URLやメールアドレス、住所、電話番号など)を控えておいてください。



2.同じ商品が2つもきた

1つしか買ってないのに、同じ商品が2つも届いた。 しかも、振込み用紙も2つある。どうなってるの?

サーバーのレスポンスが悪く、申込みボタンを2回押しませんでしたか?

商品が複数届くトラブルの原因で一番多いのが、この2度押しです。

販売先もコンピュータ処理で発送することが多いので、同じ人が同じ商品を同じ時間に複数個も注文したとは気付かないのです。

その場合はまず、購入先へ連絡し、複数届いていることを伝えましょう。

ネット通販トラブルでは一番多いので良心的なサイトであれば返送できますし、返送に関わる費用も負担しなくても良い場合があります。

この場合は、全ての申込みの日時等をはっきりさせてください。

複数申込みの時間間隔が短い時は、正式に争っても勝ち取れる可能性が高いです。

このような場合は一度ご相談ください。

悪徳業者に泣き寝入りするのは、絶対にやめましょう。



3.交換したい

カタログスペックだけで買うのがネット通販です。

有名商品であれば問題ないが、ネットで見つけた商品は実物を見ていないので、 商品を受け取ってからサイズが大きい、小さいなどの問題もよく発生します。

まず、販売先のサイトに掲示されている「交換」に関する内容を確かめてください。

「返品・交換できません」と書かれている場合は、交換するのは困難です。

しかし、販売先へ連絡し交渉だけはしてみましょう。 商品の性質上交換できない(下着や飲食物など)ものもありますが、優良サイトであれば 交換に応じてくれる場合もあります。



4.返品したい

カタログスペックだけで買うのがネット通販です。

有名商品であれば問題ないが、ネットで見つけた商品は実物を見ていないので、 商品を受け取ってから「えっ! こんなの」という問題もよく発生します。

現実は厳しい「こんなの欲しくない」など購入をキャンセルし返品したい場合、 販売先のサイトに掲示されている「交換」に関する内容を確かめてください。

「返品・交換できません」と書かれている場合は、返品は困難です。

しかし、販売先へ連絡し交渉だけはしてみましょう。 得に広告と実物があまりにも違う場合等は、強く返品を求めましょう。

このような場合は、一度当事務所に相談してみてください。カタログと実物の差が分かるように、 申込み時のカタログ(スペック表や商品の画像など)をプリントアウトしておいて頂ければ、助かります。

. このページのトップへ
A:相手方が慰謝料支払いに合意している場合

この場合は、慰謝料の金額について相談をして、合意が出来れば示談が成立します。

但し、確実に支払いが行われるように示談書を作成しておくべきでしょう。慰謝料を支払う側にとっても、事件が解決したという証拠を残す意味で示談書は必要です。

慰謝料の金額が大きかったり、長期にわたる分割払いの場合は、より確実な手続として公正証書を作成する事をお勧めします。

公正証書は裁判の確定判決と同様の効果がありますから、支払いが滞る場合は強制執行の手続をとり易くなります。



相手方が慰謝料支払いに難色を示している場合

相手に慰謝料を支払うか、或いは刑事告訴を受けるかを促していきます。そのままにしておいて立ち回れば慰謝料支払いをしなくてもよいと思っているものも中にはいます。その場合は慰謝料を支払うのか、刑事告訴を受けるかを促し、プレッシャーを掛けていきます。

方法としてはまず、内容証明郵便を利用し、内容証明で慰謝料請求を求めていき、支払わない場合は刑事告訴に入って行きます。

慰謝料支払いに合意できた場合は、必ず示談書・和解契約書を公正証書にして、支払いを確実なものとします。



怪我の程度が、全治1~2週間以内の比較的軽微なものである場合は、一般的に10万円~20万円程度の罰金刑となることが多いです。その為、刑事事件にしないことを条件に、10万円~20万円程度の示談金で解決するケースも多く見受けられます。



また、加害者の方から、刑事告訴の取下げや刑の減免を求める嘆願書の提出を条件に、上乗せした金額の30万円~50万円で示談を求められるケースもあります。



. このページのトップへ
福島家庭裁判所会津若松支部平成19年11月9日審判

(2)ところで,子の養育費については,養育費の支払義務者(本件では申立人)と子が同居していると仮定した場合に捻出することができる生活費を基準に算出すべきものであり,そこでは,成人の生活費の指数を100,15歳未満の子のそれを55とするのが相当である。すると,現時点において,申立人と事件本人が同居していると仮定した場合の事件本人の生活費の割合は,D(再婚相手である妻)及びE(再婚相手との間の子供)の存在を考慮しなければ55/(100+55)となるのに対し,D及びEの存在を考慮すれば55/(100×2+55×2)となり,後者は前者の2分の1の割合となっている。これによれば,本件養育費条項は,現時点において,その額を2分の1に変更するのが相当ということになる。

(3)他方,以上の検討は,Dに収入がなく,Eの養育費全額を申立人が負担することを前提としたものである。前記認定のとおり,Dの育児休業期間は平成20年4月×日まであり,その後はDもEの養育費を負担できるようになることが予想されるから,本件で本件養育費条項の減額(注*月3万円)を認める期間(注*約10か月間)は,同月までとし,その後(注*月6万円に戻る)必要があれば申立人において再度減額等の申立てをするのが相当である。

. このページのトップへ
A:パワー・ハラスメント(以下、パワハラ)が成立する為の要件(判断基準)は以下の様に考えられます。



1.一定の社会環境内における権力関係がある事。但、セクハラの場合と違い、上司・部下といった意味の上下関係に限られない

2.1を背景とした本来の業務範囲(業務に付随する指導・育成・命令等)を超えた権力行使がある事。

3.2が継続的に行われ、人としての尊厳・人格そのものを日常的に・違法に侵害される事。

4.3の結果、心身の耗弱・雇用(職場)環境の悪化や不安が生じること



例えば、

●遅刻してくる人間に対し暴力を振るい、罰金を取る

●客観的に達成不可能な目標を掲げさせ、それを達成できないと「お前はバカだ。やめちまえ」と怒鳴りつける

●ミスをする度に蹴るなどの身体的暴力を振るう

●上司から事あるごとに叩かれる。

●職場で自分だけ無視される。

●目立ったミスが無いにもかかわらず、仕事を回してもらえない。

などです。

ただし、これらの被害は、ケースバイケースですので、パワハラの認定には個別的な判断が必要になってきます。



「自分のケースはセクハラ(パワハラ)に当たるの?」といった素朴な疑問に始まって、「自分の場合、いくらくらい請求できるの?」「まず何から始めたらいいの?」「相手と口を聞くのもイヤなんですが」というご相談が後を絶えません。

行政書士法務事務所では、「あなたが、相手に、何を、どれだけ、できるのか」をご提案し、解決に向けたお手伝いをさせていただきます。



. このページのトップへ
A:支払い督促の流れを下記に述べます。

1.支払督促の申立場所

 支払督促は請求額に関係なく債務者の住所地を管轄する簡易裁判所へ申し立てます。申立書に必要事項を記入し、提出しましょう。

※事務所や営業所を持つものに対しては事務所・営業所の業務に関するものはその所在地を管轄する簡易裁判所にもできます。

※申立書は裁判所に用意されています。書き方がわからないという人は裁判所で教えてもらったり、弁護士や司法書士といった専門家に相談してみましょう。



2.支払督促の送達

 支払督促申立てが受理され、審査の結果、申立書に問題がなければ、債務者に支払督促正本が送達されます。



3.債務者に届いた後

 支払督促正本が債務者に届いた日の翌日から2週間以内に債務者から異議申立てがなければ、2週間経過日の翌日から30日以内に仮執行宣言の申立てを行いましょう。行わなければ支払督促は無効になります。

※支払督促が届いた場合、支払う意思がない場合は2週間以内に異議申し立てしましょう。

 仮執行宣言付支払督促正本が債務者に送達されると強制執行が可能になります。

 仮執行宣言付支払督促正本送達後、2週間以内に異議申立てがなければ支払督促は確定判決と同一効力を得ます。

※この時点で異議申立てがあっても強制執行は行えます。債務者は執行を止めたければ執行停止の申立てをしなければいけません。

. このページのトップへ
·.A:民事調停とは

民事調停は、裁判所の調停委員会の仲介によって、相手方との話し合いでトラブルを解決する手続きです。

トラブルは法律を基本として解決され、後にしこりを残さない円満な解決が調停の特徴です。

ただ、判決と違って、お互いの納得できる範囲で、相手方の事情をくんで実情にあった解決をします。

金銭の貸借に関しては、支払いを請求する場合だけではなく、借金の支払期日の延期や分割払いを求めたい場合にも、調停を申し立てることが出来ます。



民事調停手続きの流れ

1.調停の申し立て

簡易裁判所の窓口に備え付けられている申し立て用紙に記入し、提出。

(口頭による申し立ても可能です)



2.調停期日の決定

裁判官と二人以上の調停委員とで構成する調停委員会が、調停を行う期日を決め、申し立て人と相手方に通知します。



3.調停期日

調停は裁判所への出廷が原則。

調停委員会はその解決のため最も適当な方法を考えて当事者に勧め、納得に努めます。

この時、調停委員会は法律的判断をするだけはなく、広く一般の慣習や常識も取り入れて、当事者のために真に公平で、実情にかなった解決をするよう努力します。



4.調停の成立

調停委員会の説得の結果、当事者双方が譲り合い、解決案に合意すると、調停委員はその結果を調書に記載し、調停は成立します。 民事調停の不成立どうしても、当事者双方の意見が折り合わない場合は、調停成立の見込みがないものとし、手続きを打ち切ります。

その際、裁判所が実情にかない、妥当と思われる解決案を決定という形で示すこともあります。これが調停に代わる決定と呼ばれるものです。

しかし決定に不満のある場合は2週間以内に異議申し立てをしますと、その決定は無効になります。

調停が成立しなかった時は、訴訟に移行します。

民意調停の成立に伴う効果調停は裁判所の手続きですので、調停が成立した場合は、その条項を記載した調停調書に普通の契約書と違い、確定判決と同じ強い効力が与えられます。

調停での約束を果たさないときは、調停調書に基づいて、強制執行をすることができます。



. このページのトップへ
A:告訴とは

告訴

刑事訴訟法第230条

犯罪の被害者は犯罪事実を申告して犯人の処罰を求めることができる。

告訴とは犯罪によって被害を受けた者が、訴えようとする相手がどのような犯罪を犯したのか、その犯罪事実と相手の処罰を要求する意志表示を、警察や検察庁に申し出ることを指します。



受理

受理とは捜査機関(警察・検察庁)が告訴状・告発状を受付けることを意味します。

受理がなされれば捜査機関は義務として、捜査を開始しなければなりません。

但し「犯罪として特定していない」若しくは「証拠が不充分である」として正式に受理されないケースも多く見られます。

正式に受理されても実際の捜査開始まで半年とか1年待たされる事もあります。進捗状況がどうであるのか、捜査は開始されているのかご自分でも定期的に確認する必要があります。

個人で告訴状を出されるより、専門家でもある行政書士を活用して捜査の受理、捜査の迅速化を考えるのもひとつでしょう。



告訴と被害届の違い

告訴は、犯罪の被害者その他法律上特に権限を与えられた者が、警察や検察庁に犯罪事実を申告し犯人の処罰を求める意思表示を意味しますが「被害届」は処罰を求める意思表示を含まないと言われます。

告訴でも親告罪の場合は、必ず告訴されないと裁判にかけられないという特徴があります。従って親告罪の場合は告訴しないと刑事事件の責任追及はできなくなります。



告発とは

告発

刑事訴訟法第239条

犯罪があると思うときは、被害者でなくとも誰でも犯罪事実を申告して犯人の処罰を求めることができる。

国家公務員または地方公務員は、その職務を行う上で犯罪があると思ったときは、その事実を申告しなければならない。



告発と告訴の違い

告発は、上記の通り告訴権者及び犯人以外の者が捜査機関に対して犯罪事実を申告し、犯人の訴追を求める意思表示を指します。

一方、告訴は、その被害者、被害者の法定代理人、一定の場合には被害者の親族、被害者死亡の時は配偶者・直系親族・兄弟姉妹となります。

但し、誰かを陥れようとして虚偽内容の告訴・告発をすると虚偽告訴(告発)罪の構成要件に該当する可能性もありますから充分な注意が必要です。



. このページのトップへ
A:きちんとした示談書を作成しておいてもトラブルは起こることがあります。

その場合、当事者同士で話し合っても解決できなければ裁判で解決をすることを検討し、実際に裁判を起こし、債務名義(確定判決)を手に入れ、それでも支払わなければ強制執行を申立てる、といった手順が必要です。

そこで示談書を公正証書という公文書にしておき手順をあらかじめ省いておく方法もあります(示談書は私文書です)。

金銭の一定の額の支払又はその他の代替物若しくは有価証券の一定の数量の給付を目的とする請求について作成した公正証書で,債務者が直ちに強制執行に服する旨の陳述(強制執行受諾文言)が記載されている執行証書については,公正証書に執行文の付与を受けることで,強制執行の申立てができます(民事執行法22条5号,26条)。





このような執行証書は,判決を経ることなく,成立する唯一の債務名義であり,確定判決と同一の執行力を持っています。

しかし,執行証書では,給付の目的が金銭,代替物,有価証券に限定されています(民事執行法22条5号)。そうすると,不動産の明渡,引渡請求や登記手続請求権といった非金銭債権については,公正証書を作成したとしても債務名義にはなりません。

もっとも公正証書には,文書の成立の真正が推定されますから,非金銭債権について公正証書を作成することに意味がないわけではありません。

公正証書遺言や任意後見契約,事業用借地権等の方式として公正証書 このページのトップへ
A:民事調停とは

民事調停は、裁判所の調停委員会の仲介によって、相手方との話し合いでトラブルを解決する手続きです。

トラブルは法律を基本として解決され、後にしこりを残さない円満な解決が調停の特徴です。

ただ、判決と違って、お互いの納得できる範囲で、相手方の事情をくんで実情にあった解決をします。

金銭の貸借に関しては、支払いを請求する場合だけではなく、借金の支払期日の延期や分割払いを求めたい場合にも、調停を申し立てることが出来ます。



民事調停手続きの流れ

1.調停の申し立て

簡易裁判所の窓口に備え付けられている申し立て用紙に記入し、提出。

(口頭による申し立ても可能です)



2.調停期日の決定

裁判官と二人以上の調停委員とで構成する調停委員会が、調停を行う期日を決め、申し立て人と相手方に通知します。



3.調停期日

調停は裁判所への出廷が原則。

調停委員会はその解決のため最も適当な方法を考えて当事者に勧め、納得に努めます。

この時、調停委員会は法律的判断をするだけはなく、広く一般の慣習や常識も取り入れて、当事者のために真に公平で、実情にかなった解決をするよう努力します。



4.調停の成立

調停委員会の説得の結果、当事者双方が譲り合い、解決案に合意すると、調停委員はその結果を調書に記載し、調停は成立します。 民事調停の不成立どうしても、当事者双方の意見が折り合わない場合は、調停成立の見込みがないものとし、手続き このページのトップへ
A:少額訴訟とは、60万円以下の金銭請求であれば、今までの裁判手続よりはるかに簡便な手続きで紛争の解決をはかるものです。

基本的に、少額訴訟の裁判は1日で終了し、判決言い渡されます。もっとも1日で審議ができない事件、つまり、相手が借入や未払いの事実を認めない事件や、内容が複雑な事件は利用できません。

少額訴訟を提起する際の要件


1)60万円以下の金銭を請求するものであるか。

2)相手がその請求を認めるのに十分な証拠や証人がいて争点が少ないか。

3)この裁判では、一括払いを請求が分割払いや支払猶予の付いた判決となる場合がりますが、それでもかまわないか。

4)相手が争う場合、通常の裁判へ移行することがあります。時間と費用もかかることがありますが、それでもかまわないか。

5)同一の裁判所への少額訴訟が1年間で10回以下であるか。

6) 相手の住所がはっきりしているか。



1)証拠となるものを集める

支払い期日や利息、借用金額が明記されている借用書および受領金額を示す領収書の控え、売掛金台帳、納品書、請求書等々相手に債務があることを示す証拠が必要です。次に、請求をしたが支払ってもらえないことを示す証拠、確実な証拠を得る目的で、訴訟前に相手に債務の内容を示し、期日までに支払いをするように促す内容証明郵便を送るようにしましょう。 



2)簡易裁判所の管轄を調べる

裁判所には管轄がありますので管轄を調べてください。最寄の簡易裁判所に このページのトップへ
A:遺言、契約書などを公正証書にすると便利な場合があります。

・自筆証書遺言は、あとで、「偽造で無効だ」と言われことがよくあります。

・公正証書遺言は作成時に本人確認をしますので、裁判で偽造と判定されることは、ほとんどありません。

・公正証書は、原本を公証役場で保管しますので、遺言書紛失の危険はありません。

・遺言者死亡後、公正証書遺言は検認手続きが不要です(民法104条2項)ので、遺言の執行が即時可能で、妨害される可能性が少ないです。契約書の場合も同様です。

執行認諾文言(公正証書中で債務者が強制執行に服すること認めた陳述)付の公正証書に表示された金銭債権は、強制執行が可能です(民事執行法22条5号)。



ですから、金銭の貸借契約を公正証書にすると、裁判所の判決と同様に、差押えなどの強制執行ができます。

しかし、公正証書では、明渡しの強制執行はできませんので、不動産賃貸借契約を公正証書にしても、家賃の取立には有効(強制執行できる)ですが、明渡については意味がありません(強制執行できない)。

不動産賃貸借契約書でも、定期借地権契約や、定期借家権契約などは、書面にする必要がありますが、公正証書にすることが多いです。任意後見契約は、公正証書で締結する必要があります。



トラブルを未然に防ぐ意味でも、状況に応じて公正証書の作成をおすすめいたします。

当事務所では、公正証書の作成手続きを、全面的にサポートいたします。

. このページのトップへ
A:交通事故の場合は、次の点を明確に記しておきたいものです

1.事故の内容(発生日時・発生場所・事故自動車の車種や登録番号・事故状況)



2.被害の概要(傷害の程度・治療経過)



3.損害賠償金額、支払日、支払方法(治療費などの積極的損害、遺失利益などの消極的損害、慰謝料などの内訳も明示)

傷害の場合、示談の後で後遺症が出たら事故との関係を証明することによって、新たに損害賠償を請求することができます。それは、示談書に「本件に関し、本示談書で定める他は、お互いに一切の権利義務のないことを確認する」との文言があったとしても、後遺症発生による、新たな損害賠償は請求できます。
このページのトップへ
A:刑法では、誹謗中傷という犯罪ではなく、誹謗中傷された被害者が、名誉毀損、侮辱、信用毀損、業務妨害、などの罪で処罰を求めるということになります。

しかし、インターネット上で匿名で行われた誹謗中傷の場合、加害者を処罰してくださいと被害届を出しても、匿名によるサイバー犯罪の性質上、普通の犯罪とは捜査方法が異なりますから、簡単にはいきません。

一般的なネット上の名誉毀損、侮辱、信用棄損は、最終的に刑事告訴するとしても、まず、民事から追跡するのが早いと思います。



まず浮上した加害者・発信者に対して、損害賠償請求や、謝罪広告を要求することになります。

その上でなおも刑事処分を求める意思を有しておられる場合は、刑事告訴をします。

侮辱罪(刑法231条)や、名誉毀損罪(刑法第230条)などの処罰を求めていきます。

. このページのトップへ

A:不倫の証拠は、不倫相手が自白しない限り、あなたがまず証拠を集めて保存しておかねばなりません。裁判では訴えた側が浮気の証拠を提出しなければなりません。
証拠の例示、証拠の収集方法、証拠がないときはどうしたらいいのでしょうか。
1.浮気を推定できる内容の資料、ホテル、旅行のレシート、カードの支払い、録音テープ、ETC記録では移動先がわかる
2.浮気を予想できる内容の手紙、メール文、メモ、日記、手帳、電話の通信履歴など
3.探偵社の報告書
4、不倫関係を知っている方の証言書など
このページのトップへ
A:相続人が確定したら、相続人全員で遺産をどのように分配するか遺産分割協議をして決めましょう。

遺産分割協議に参加する人遺産分割協議で最も注意すべき点は、遺産分割協議に相続人全員が参加していなかった場合、その遺産分割協議は無効となってしまいます。

また、相続人が遺言で包括遺贈しているような場合は、包括受遺者も相続人と同様の地位を認められますので、包括受遺者も協議に参加する必要があります。

 

遺産分割協議に参加できる人として利害関係人があげられます。

利害関係人とは、遺産についての賃借権・使用権・地上権・抵当権・質権をもつ者や、相続人の債権者などを指します。

利害関係人が遺産分割協議に参加したい場合は、相続人の誰かにその旨を伝えます。

もし利害関係人が参加を希望しているにもかかわらず利害関係人抜きで協議が行われたような場合、その協議の効果は利害関係人には及びません。

 

では、次に遺産分割協議はいつから行うことができるのでしょうか?

遺産分割協議は、被相続人が死亡し相続が開始した後であれば、いつでも始めることができます。

ただ、相続開始後3ヶ月以内は、相続人に相続放棄や限定承認をすることを選択するチャンスが与えられていますが、この3ヶ月の期間内に遺産分割協議をした場合、相続人は単純承認したものとみなされ、相続放棄や限定承認をすることはできなくなります。



. このページのトップへ
A:外国人が日本に入国するために必要なものとしては、

1.旅券(パスポート)

難民の方は難民旅行証明書となります。

2.査証(ビザ)

外交・公用・通過・短期滞在・就業・一般・特定があります。

3.在留資格

外国人が日本に在留する間、一定の活動を行うことができる資格です。

短期滞在での就労はできません。

留学、就学の在留資格者はアルバイト自体は認められる場合があります。

. このページのトップへ
A:いじめの発見

子供がいじめられている徴候を見逃さないようにしてください。

子供は単純だから、いじめられたら泣いて親に訴えるだろうと考えるのは間違いです。

小さな子供であっても、子供なりのプライドを持っていて、自分がいじめられているというのは惨めなことのように感じてしまい、それを人に言うのはとても耐え切れないと感じてしまうようです。

まして、いじめられるような子供たちはとても優しく、両親を大切に思っています。

自分がいじめられているということを知ったら、親は悲しむし心配するだろうから、親がかわいそうだと考えて、親には言えない子供も多いようです。

そんな純粋な気持ちを持った子供たちの危機にぜひ気づいてあげてください。



いじめへの対処

そして、自分の子供がいじめられているとわかった時、「勇気を持って堂々と立ち向かえ」などとは決して言わないでください。

いじめは、子供同士のほのぼのとしたじゃれあいや対等なけんかとは違います。

とても一人で立ち向かえるようなものではない場合も多いはずです。

こんなとき、学校という場が生活のほとんど全てを占める子供たちは、大人とは違って逃げ場を持っていないため、その苦痛は想像を絶します。

こうした場合、学校ともよく相談し、いじめが終わるまで子供をそんな恐ろしい場所からは遠ざけるべきではないでしょうか。

真剣に転校も考えてあげてください。

そして、精神的にとてもたいへんな目にあっている子供に対し、ぜひ、「全力であなたを守るから」と言ってあげてほしいと思います。

. このページのトップへ
吉野ちゃんとランチデート★
勉強会の後、色々話しながら約二時間
グリルサーモンとアボカドのサラダが絶品でした(^ω^)
リラックス出来たし、身体の調子も良い感じ!!
そんな1日でした(>Д<)
このページのトップへ
A:あなたは飼主に不法行為に基づく損害賠償の請求ができます。もし、飼主の支払い能力に不安があるときは飼主の不動産を仮差押えするとよいと思います。

民法718条は動物の占有者(飼主など)はその動物が他人に加えた損害を賠償する責任があるとし、ただ占有者が動物の種類や性質に従って相当の注意をして保管していたときは責任がないと定めています。

ご質問のケースでは、飼主は大型犬の首輪から手綱を放して自由にさせていたのですから、あなたが蒙った損害をすべて賠償する責任があると思います。

損害は事故と相当因果関係のあるもので、通常(1)治療費、(2)入院中に必要だった経費、(3)付添看護料(但し、医師が付添看護を必要と認めた場合)、(4)診断書作成費用、(5)通院交通費(タクシー代などは医師が必要と認めた場合)、(6)休業損害、(7)入・通院慰謝料、後遺障害が残った時は(8)逸失利益、(9)後遺障害についての慰謝料、(10)専門家に依頼したときは費用などが損害と考えられます。あなたの損害が、いくらになるかは専門家と相談して算定してもらって下さい。

. このページのトップへ
A.加害者が示談代行付きの任意保険に入っている場合には、通常、被害者と保険会社の担当者の間で話合いがなされます。加害者の誠意のない態度に怒る気持ちも当然ですが、交通事故の損害賠償は金銭でいくらもらうかということになりますので、保険会社の担当者と話し合うほうがよいでしょう。ただし、保険会社の多くは、できるだけ賠償金を減らそうとしてきますので、納得いかない場合は、早めに専門家に相談してください。
当事務所でもご相談をお受けしています
このページのトップへ

FC2Ad

Information

頼れる街の法律家法務事務所
  • Author: 頼れる街の法律家法務事務所

Search

Calendar

03 « 2012/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

プロフィール

頼れる街の法律家法務事務所

Author:頼れる街の法律家法務事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。