街の法律家法務事務所NOTE(無料電話相談受付中 TEL:080-3823-4618)

法律無料電話相談受け付けています。皆様からの疑問・質問に答えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
A:犬の鳴き声を騒音公害とする訴訟では、飼い主は犬の鳴き方が異常なものとなって、近隣の者に迷惑を及ぼさないよう、飼育上の注意義務を負うとの判断から、2005年4月の名古屋高等裁判所での裁判では、飼い主に対して「犬の飼育禁止」と「損害賠償132万円の支払い」という判決が出されています。



社会生活においては、常識の範囲内の騒音に対しては、お互いにがまんをしようという「受忍義務」と言う考え方があって、がまんしなければならない程度を「受忍限度」と呼びます。

これまでは、この「受忍限度」を超える犬の鳴き声による損害賠償(慰謝料)は30万円程度だったのですが、この裁判では、マンションの階上の犬の鳴き声で階下の住人が慢性的な睡眠不足に陥るなど、大きな精神的苦痛を負ったと判断されたことから、高額の損害賠償となったのです。





ペット可のマンションでも、受忍限度を超えるような被害を与えたと判断されれば、その飼い主に対して被害者である居住者は損害賠償を請求できるのだということを念頭に入れて、マナーを守ってペットを飼わなければならないのです。



たとえ、飼育者が「自分は周りに迷惑はかけていない」と思っていても、「近くに動物がいるだけで寒気がする」という住民にとっては相当の「不利益を被った」ことになり、訴えられた飼い主がペットを手放すか、引っ越すかの選択を迫られることになります。

犬の鳴き声、悪臭、糞尿で困っている方はご相談ください。

.
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

トラックバック URL
http://tsutalaw.blog.fc2.com/tb.php/131-64dbb887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【Q:ペットの鳴き声、悪臭で困っています。】

A:犬の鳴き声を騒音公害とする訴訟では、飼い主は犬の鳴き方が異常なものとなって、近隣の者に迷惑を及ぼさないよう、飼育上の注意義務を負うとの判断から、2005年4月の名古屋高等裁

  • 2012/05/05(土) 09:07:33 |
  • まとめwoネタ速neo
このページのトップへ

FC2Ad

Information

頼れる街の法律家法務事務所
  • Author: 頼れる街の法律家法務事務所

Search

Calendar

07 « 2017/08 » 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

プロフィール

頼れる街の法律家法務事務所

Author:頼れる街の法律家法務事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。