街の法律家法務事務所NOTE(無料電話相談受付中 TEL:080-3823-4618)

法律無料電話相談受け付けています。皆様からの疑問・質問に答えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Q:時効援用についてですが、時効期間が経過した後に一部弁済を受けましたが、その後債務者が、
時効期間が経過しているので払わないと言ってきました。

A:債権が時効消滅するかは、債務者が援用するか否か、援用できるか否かによります。
裁判例では、時効期間が経過しても、その後債務者がその債務を承認したり、
一部弁済をした場合、債務者は援用権を喪失するとされています。
従って、ご質問の債権回収ですが、債務者は時効を援用できず、債権者は請求可能です。
もっとも、債務承認の経緯を鑑みて援用の主張を認めても信義誠実、公平に反しない場合は、
援用権を喪失していないと判断されることもあります。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

頼れる街の法律家法務事務所
  • Author: 頼れる街の法律家法務事務所

Search

Calendar

06 « 2018/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

頼れる街の法律家法務事務所

Author:頼れる街の法律家法務事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。