街の法律家法務事務所NOTE(無料電話相談受付中 TEL:080-3823-4618)

法律無料電話相談受け付けています。皆様からの疑問・質問に答えています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
警察官の取り調べに対する抗議

 

捜査の中心は、取調べであり、取調べでは、参考人として事情を聞かれる場合と、犯人と疑われている「被疑者(ひぎしゃ)」という立場で取り調べられる場合があります。

取調べでは、聞いた話を取調官が作文し、最後に「この内容は私が話したことに間違いありません」とサインさせ、取調べを受けた人が自分で話した体裁の書面(供述調書)を作成します。

容疑を否認している場合は警察による取り調べは非常に厳しいものとなることがよくあります。

厳しい取り調べに耐え続けることは大変困難で、身に覚えのない事件を自白し、冤罪が判明したという事件がよく起こります。

取り調べは密室で行われ、起こったことは事後的に検証することが困難であり、警察官は限られた時間内に有罪の証拠を集めるのが仕事であるため、不当な取り調べを行うおそれがあります。

よく見受けられるのが、やっていないと言っているのに警察官が話さないと刑務所行きだ、認めないと釈放しない、話す義務がある、など言ったり、不当に不利な方向に誘導して調書を作成しようとする場合、時には暴力を振るわれることもあります。

調書は、あくまで取調官の作文であり、自分が話した内容がそのまま全て書かれるわけではありませんが、サインをすると、自分が話したものとして証拠になり、後で裁判で取り消すことはできなくなります。

よって、調書に署名・押印するには、自分がそのような内容を話したのか、慎重になる必要があります。

当事務所は警察官、検察官の不当取調べがあった場合には被疑事実を本人が争っている否認事件はなおさら

、自白事件でも、警察官や検察官に対して不当取調べに対する抗議を刑事活動の一環として行います。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

頼れる街の法律家法務事務所
  • Author: 頼れる街の法律家法務事務所

Search

Calendar

05 « 2018/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

頼れる街の法律家法務事務所

Author:頼れる街の法律家法務事務所

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。